ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
ブログランキング参加中ぽちっとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
猫ブログ スコティッシュフォールドへ
忍者猫販売してます
迷い猫ちゃんです
                      探してますななちゃんです         3月26日 大分市里(川田橋付近)の自宅より猫不明 背中は茶黒・腹は白の三毛柄メス 名前は『なな』 オレンジの留め具のドット柄の鈴付き首輪をしています 怖がりなので追うと逃げる可能性があります 庭に迷い込んでいる(いた)などの 目撃情報がありましたらどうかよろしくお願いいたします 猫と暮らす楽しい毎日ones happy homeまで御連絡ください 下記リンクよりお願いします。
SPONSORED LINKS

猫画家 猫丸のBLOG猫まみれな生活

猫の絵描きです。愛猫を浮世猫にしてみませんか
<< それぞれにゃ | main | 鉛筆画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
猫のこと
今日はエッセイ方式でだらだら書こうと思う

僕は、いろんなひとと会うときに名刺を渡すのだが、「猫画家」?

と一目置かれるのである。都会じゃないからまぁ珍しく思うか、何?って思うかの

どちらかだと思うのだが、そもそも僕は人物画や、幻想絵画を描いていたわけで

それなりの個展もやってきた。

人物画と言っても、頭に浮かんだイメージを突発的に描くわけで

その辺のきちんとした人物画とはこれまた違うのである

かなり、人間の内面をえぐって描いたものがほとんどか、

音楽にインスピレーションを受けて描いたものがほとんどなのだ




これはベニヤに白のジェッソ(下地)を塗って

木炭で描いたもの

どこかの人が、個展の際に買ってくださった

それなりに、絵画展にも入選したりしたのだが・・・・


最初に猫を飼ったのはたまたまうちに迷い込んできた黒猫であった

小さくてまだ数か月だった様に思う。

名をキキと名付けた。

僕はそれまでほとんど猫には興味がなかったのだが

キキが来てから生活が一変した一変したといっても

べたべた可愛がるのではなく、僕の部屋に自然といる感じだった

その当時は、音楽に勤しんでおり帰ったらエサを与えてなでてやるといった

単純明快な行動しか知らなかった

もちろんネットなんてなくて携帯もなかった時代である

残念なことにキキの写真は無い。

今みたいにブログもなけりゃ何もない。

この子は短命であったその時初めて泣いたなぜ涙がこぼれるのかわからない

命というものに直接触れた感じがしたのを覚えている


そのあとは、しばらく生き物は飼えなかった。

あんなに悲しい思いをしたくなかったし、なんとなく罪悪感が自分にあったからである

それから数年たってから、知り合いの猫好きの方が

里親募集の猫がいるんだけどと。一度見に来て見てと言われた

まぁ、見るだけならと軽い気持ちで見に行ったが最後

夕方には、うちにいた。立派な毛なみの雌猫だった

名前は、奈々と付けた

これまた写真がないというかやっと携帯で撮れるくらいのもので

しまい込んでしまっている

元気で甘えん坊の可愛い猫だった。だったというのは

3年くらいして自分でドアを開けて出て行ってしまったのである

よく、三度目の正直というが三度目に出て行ったっきり戻ってはこなかった

奈々の死に直面したわけではない。今でも幸せにどこかで暮らしていると信じている

二度も猫を失って失意の中であった僕に何もやれることはない

やることといえば夜中に公園やら狭い路地を探し回るだけ

行く当てもなく探し回った・・・・

それから、図書館で猫について本を読みふけり

一年が過ぎた。

そのころはもうどっぷり僕は猫にはまってしまっていたのだ

しかし、生き物というものは人間もそうだが、必ず死が訪れる

しかも、猫の寿命のほうが人間よりも短い。

そんな時に、またもや猫に出会ってしまった

それが、姫である。

生後二か月の小さな命が僕を呼んでいた

もう、考えることはない、姫は我が家の一員となった


そして、2年が過ぎたころ

新聞のチラシに激安ペットの広告が入っていた

見るからに怪しい広告だ。

しかし、覗いてみることにした何か胸騒ぎがしたのである

プレハブの粗末な建物にそれはいた

凜である。

たぶん問題ありか、そんなもんでペットショップから連れて来られたんだろう

考える余地はない

速攻で引き取ったそして病院へ

やっぱり・・・・・

足にお腹に皮膚病が広がってしまっていた

すぐさま治療を施してもらって通院

僕が行かなかったらたぶん処分されていたんだろう

凜を救えたことに、自分自身ほっとした

気が付けば猫の絵を描いてる自分がいた

描くことで、猫を救えそうな気がしたからである。

それ以来猫を専門にオリジナルの忍者猫を描いている。

この子たちのおかげだ。感謝





姫しゃん



凜ちゃま


これからもよろしくね

猫丸でした






 
| brog | 09:24 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:24 | - | - |
コメント
巡り合うために産まれてきたんだよね。
秀さんに出逢えた事は本当に良かったね
必然な出会い神様の作られたスト−リ
| amesyo | 2014/08/12 1:44 PM |

姫ちゃん凛ちゃんは秀さんと会って
幸せになる為に生まれてきたのです♪
| にゃんずぱぱち | 2014/08/12 3:34 PM |

凛ちゃんと姫ちゃんに出会うまでに、
いろいろな出来事があったのですね。
ウチも先代さん2ニャンが虹の橋に渡った時に、
もう猫さんと暮らすのは・・・と思いましたが、
悲しかったことよりも、猫さんとの楽しかった
思い出が多くて、1年後くらいに、ムーとシオンを
引き取りました。
凛ちゃんと姫ちゃんとの出会いも、先代さんたちが
秀さんに必要って思って、ご縁を持って来て
くれたのかもですね(*^^*)
| まちゃこ | 2014/08/14 3:06 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maniaco.jugem.jp/trackback/923
トラックバック